アイシャドウ

【男性モデル起用のコスメブランド】LAKAのジャストアイパレット実際に使ってみた

皆さん、こんにちは!

メイク男子の、たいが(@grrr98__)です。

今日は、ジェンダーニュートラルブランド「LAKA」のジャストアイパレットのレビューをしようと思います!

LAKAと言えば、俺が韓国のオリーブヤングに立ち寄ったときに気になっていたジェンダーフリーのコスメ!!!

結局迷って買わなかったコスメなんですけど、先日PLAZA様からプレゼントキャンペーンでジャストアイパレットを頂きました(感涙)

こういうの当たったことないから嬉しかったです。

しかも日本ではPLAZAルミネエスト新宿店でしか手に入らないとのことで、東京民ではない俺歓喜。ありがとうございます。

ジェンダーフリーなコスメってことで、メイクをしている男性、興味がある男性に注目されていると思うんですが、「メンズメイクのためのブランド!!!」っていう感じではないかな、と思いました。

実際使ってみて、あくまで女性でも男性でもどなたでも使えますよっていうコンセプトのコスメブランドさんだと感じたので、それを踏まえてLAKAアイパレットの色の組み合わせ、質感、使い方をレビューします!!!

韓国コスメ LAKAはジェンダーニュートラルコスメで色展開が多い

LAKAは韓国発のジェンダーニュートラルブランドです。

シンプルなデザインや、どなたでもマッチするニュートラルなカラーで、2018年5月にデビューしたばかりなのに大人気のコスメブランドです。

2019年9月に発売したアイシャドウ「ジャストアイパレット」は初回販売分が2週間で完売したということです。

ジェンダーニュートラルって聞き馴染みが無いですけど、男女の境界が無く使えるコスメってことかなーと理解しています。

なので、ファンデーションも色が豊富。誰にでも合う色が選べるようになっていると思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LAKA ㅣ 라카(@laka.official)がシェアした投稿

韓国男性のYouTubeのGRWN動画でもLAKAを使っている男性は多いと思いました。

LAKAのインスタも、オリーブヤングで見た広告も、モデルさんが男性も女性も写っていることが印象的なブランドです。

日本で発売しているLAKAのアイシャドウパレットは2色。

こちらのPICNICと、

 

この投稿をInstagramで見る

 

LAKA ㅣ 라카(@laka.official)がシェアした投稿

こちらのFRESH。俺が今回頂いた色はこの色です!!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LAKA ㅣ 라카(@laka.official)がシェアした投稿

LAKAワールド全開の色ですね。マット2色、ラメ2色の全体的にコーラルピンクっぽい色です。

正直、この色使いこなすの難しかったです!笑

では、実際にLAKA ジャストアイパレットの開封&使用レビューをしていきたいと思います。

LAKA ジャストアイパレット 開封レビュー

まず、LAKA ジャストアイパレットのパッケージですが、男性でも女性でも使いやすいスッキリしたシンプルなデザイン。

ジャストアイパレットっていう名前もシンプルですし見た目もシンプルです。

性別関係なく自由にメイクを楽しめるというコンセプトが垣間見えますね。

開けてみると、こんな感じです。

意外とラメが凄い。

左から2番目にKって書いてあるな、と思ったらよく見ると縦棒がLになっていて、LとKをくっつけたLAKAの造語になっています。

左の2色は完全にマット、右の2色はキラキラのラメです。

マット2色は粉がなめらかで瞼にしっとり付く感触で意外と発色が良いです。

ラメ2色はキラキラしたラメだけ付くというより、こちらも色がしっかり付きます。

発色がいいので指でアイホール全体に伸ばして使っていますが、アイシャドウチップで目のキワと三角ゾーンに入れても綺麗に仕上がるすごい代物です。

では、実際に全色塗ってみます!

LAKA ジャストアイパレット 発色がすごいアイシャドウ

実際に4色腕に塗ってみると、こうです。

ピンクとかオレンジ系の色です!

一番左がサーモンピンクっぽい色、その横が青みがかったパープルっぽいピンク色で、このマット2色をベースに使うと思うので、全体的にピンクっぽい仕上がりになります。

男でピンクのアイシャドウ使うのって難しいですよね。難しくないですか?

女性でピンクのアイシャドウ使っている方はたくさんいらっしゃると思うんですけど。あれ可愛いですよね!ちょっと酔っちゃったの?みたいな色っぽい感じ。

男がピンクのアイシャドウ使うと間違えるとアレルギー性疾患で腫れた目元が出来上がるので本当難しいです。

下手すると花粉症で目腫れてる人みたいになります。

まず、アイホール全体にマット2色のどちらかを塗ると、

こういう感じですね。順番通り、左がサーモンピンクっぽいマット、右隣がパープルピンクっぽいマットです。

左のサーモンピンクっぽい色はオレンジ系のピンクなのでアイホール全体に入れても瞼が明るく見えて馴染みが良いです。

でもその隣!!!この青みがかった暗いピンクが、アイホール全体に塗ると腫れぼったい目になりがち。ちょっとうっ血してるの?みたいな。

なのでこの色はアイホール全体じゃなくて目のキワと三角ゾーンに入れてみたら、これが意外と良かったです。ピンクなのに寒色っぽいから不思議と締め色に使えます!

このマット2色にラメ色を足してみるとこうなります。

ちょっと透明感が出ます!これは左から3番目の濃いオレンジのラメを重ねています。

LAKAのアイパレット、意外とラメが上質なのではないか、と思います。

ちょっとラメ多めにすると、

スパークリング☆

うるんうるんの瞼に仕上がります。韓国っぽい!!!

涙袋とか目頭に置いても実力発揮してくれます。

それでは、マット2色とラメ2色の組み合わせをしてみます。

一番オーソドックスなマット1色とラメ1色の重ねレシピです。

③の濃いオレンジのラメの方は、結構濃い目のオレンジに発色します。④のゴールドラメは③に比べると発色は控えめで、重ねると光沢と透明感が出ます。

俺が一番気に入っているのは、①+④をアイホールに指で付けて、②の色をアイシャドウチップで目のキワと三角ゾーンに入れる組み合わせです。

そこにUZUのグレーのアイラインを極細に引くと透明感あるアンニュイな雰囲気になるのでバリおすすめです!

一重、二重、奥二重、それぞれ目の形に合わせて自分に合ったアイレシピを見つけてみてください。

LAKA ジャストアイパレット 購入できる場所&値段

LAKAのコスメは2019年12月に日本に上陸したばかりで、実店舗で買えるところはまだ少ないみたいです。

プラザルミネエスト新宿店と渋谷ロフトで数量限定で発売という情報と、@コスメTOKYOで販売しているとの情報がありました。

プラザで売っているLAKAのジャストアイパレットは、FRESHとPICNICの2色展開で、価格は¥2,600。

ネットで買う派の方は、Qoo10で購入できます。韓国からの発送になるので、色展開も多いです。

新しいカラーも出ているので6色展開です!

[Qoo10] [LAKA並行輸入公式ショップ]JUST EYE PALETTEジャストアイシャドウパレット(6色)インスタで話題 [韓国コスメBeauti Topping]

WWW.QOO10.JP

 

男性でも使いやすいブラウンの色があるので気になります。

上のリンクから男性と女性モデルさんがそれぞれ全色付けている写真が見れるので、是非チェックしてみて下さい!

Amazonでは正規販売がないですが、楽天には日本正規販売店があります。↓

LAKA ジャストアイパレット まとめ

LAKAのアイシャドウは、粉感なめらかでラメも子供っぽくなくてお洒落に仕上がります。

男性向けに開発されているメンズメイクブランドではないと思いますが、男性モデルが起用されていてデザインもシンプルなので、男でも使いやすくていいと思いました!

今回俺が使ったFRESHはコーラルピンクっぽい仕上がりになるので、一見女の子っぽい色なんですけど、黒のバケットハットと組み合わせたりすると韓国男子っぽくなるので気に入っています。

ジェンダーレスコスメが気になっている方、是非参考にしてみて下さい!

それでは、また次回お会いしましょう!!!